小石原焼 工房紹介

小石原焼 「蔵人窯」

小石原焼 蔵人窯

蔵人窯 くらんどがま 小野 永蔵

小石原という土地柄、代々引き継がれていく窯が多い中、蔵人窯は自らがはじめた窯。
蔵人窯の作品は、伝統の「飛び鉋(とびかんな)」をベースに麦の模様やクシ目模様を組み合わせ、新しいスタイルを確立している。
「昔から絵を描くことが好きでしたから、今の作風に反映したのでしょうね。小石原焼に麦の模様を描くことは、当初、なかなか受け入れてもらえませんでした。小石原焼は伝統深い陶芸ですからね。私は和食にも洋食にも馴染む器を作りたいと思っていましたから。今では多くの方に支持していただいて、作り続けて良かったと思います。」と語る小野永蔵(えいぞう)さん。小野さんが作り出す器から、心を和ませる温もりが感じられるのは、作り手の人柄が滲み出ているからなのだ。

小野永蔵(えいぞう)さん
小野雄大(ゆうだい)さん

とびかんな

時計のゼンマイのバネを利用して、ろくろを廻しながら削る技法。
手作業で削られる模様は、同じものが二つとない。
蔵人窯の特徴は、精度の高いこの飛鉋だ。
「全く同じものを揃えたいと思われる方や、全く違うものを選ばれる方、
人それぞれに好みがありますが、使って頂く方の感性で選んでいただけると嬉しいです。
日本人は古くから、お茶碗ひとつとってみても、釉薬のムラや貫入を景色に見立てたり、器の中に宇宙を感じたりと、本当に素晴らしい感受性を持っていると、常々思っています」そう語る小野永蔵さん。陶器を愛する人への尊敬の念が、丁寧で繊細な作品を生み出しているのだろう。

新たな息吹を迎えて

2009年から長男の雄大さんも作陶し、永蔵さんと共に制作を始めた。
「やはり、世代によって感覚が違いますからおもしろいですね。私が窯をはじめて、心のままに自身の作風を築いたように、彼もまた、自分の感性で自由に作陶し、また新しい風をいれてくれることでしょう」と、語る永蔵さん。新たな進化に向かう蔵人窯に、今後も目が離せない。

LinkIcon作品を見る

 蔵人窯  福岡県朝倉郡小石原村大字鼓蔵貫1709-1

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時店休

※土日祝日は商品の発送・メールのお返事はお休みさせていただきます。

運営者情報

店舗写真

「ギフトギャラリーオズ」

日々の暮らしを豊かに彩る「ストーリーのあるギフト雑貨」を取り扱うショップです。山口県・島根県・福岡県にて展開中。実店舗の最新情報やお得な情報は公式ウェブサイトから → oz-ozawa.co.jp

メルマガ登録

新作の入荷等、お楽しみ情報をお届けしております。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ