コラム

湯町窯 エッグベーカーの使い方

湯町窯エッグベーカー

湯町窯 エッグベーカーの使い方

ストーブでつくる目玉焼きちょっと贅沢に、うんと美味しい目玉焼き。

湯町窯オリジナルのスリップ模様と温かな色合い、ふっくらと愛らしいフォルムが印象的なエッグベーカー。誕生以来、長年にわたり多くの人に愛され続けている湯町窯のエッグベーカーは、直火やオーブンで調理して、受皿に載せてそのまま食卓に並べられる、お洒落で機能的なうつわです。

「この器でつくる目玉焼きは格別に美味しい。フライパンとはひと味違った味と食感が楽しめます。」と語る福間さん。「電子レンジでも調理できますが、やはり直火が一番。火加減によって微妙な味の違いがあるんです。いろいろな方法がありますが、その中でもストーブの熱を利用すると絶妙な半熟加減が出来るんですよ。」と実演してくださいました。 「たまごを割り入れる前に、器をお湯で温めておくのがポイント。このひと手間が、一段と美味しく仕上げる秘訣です。」 出来上がった目玉焼きはトロリと絶妙な半熟具合に仕上がって、この柔らかさと濃厚な味わいは、温泉卵ともひと味違う、これまで食べたことがない美味しさです。

エッグベーカーの使い方

  1. 1.ガスコンロに網(魚・餅やき用)をのせます。器をのせ、生たまごを割り入れます。(油をひかなくてもこげませんが、お好みで油、バターを入れます)
  2. 2.ふたをして弱火で約3~4分くらい焼きます。
  3. 3.器が温まって、たまごの白身が底からまわりへと白くなってきます。黄身がまだ変わらないうちに火を止めます。 (※ふたを開ける時は、熱くなっていますので、ヤケドにご注意ください。)
  4. 4.そのまま器を受け皿にのせ、食卓に出し、約4〜5分くらい蒸らしますと余熱でころあいの半熟卵ができあがります。

※こげつくとき…火が強すぎです。
※かたいとき…焼きすぎですので、早目に火を止めます。

その他ハムやベーコンを入れたり、グラタン、蒸し物、アイスクリーム(器を冷やしておく)等、種々工夫をすれば用途も広く楽しんでいただけると思います。

  • 陶器は吸水性がありますので、ご使用前に15分くらい水につけて下さい。
    (使い始めの一回のみ。)
  • 電子レンジを使用する場合は、必ずふたをしてお使い下さい。
  • 電子レンジの機種にもよりますが、小サイズの場合、500Wで約45秒で出来上がります。 (長時間の加熱はお避けください。たまごの具合を見ながら少しずつ調節して下さい。)
  • 使い終わった陶器はつけ置きせずにすぐ洗って、よく乾燥させて収納して下さい。

エッグベーカー:直火・オーブン・電子レンジ可

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時店休

※土日祝日は商品の発送・メールのお返事はお休みさせていただきます。

運営者情報

店舗写真

「ギフトギャラリーオズ」

日々の暮らしを豊かに彩る「ストーリーのあるギフト雑貨」を取り扱うショップです。山口県・島根県・福岡県にて展開中。実店舗の最新情報やお得な情報は公式ウェブサイトから → oz-ozawa.co.jp

メルマガ登録

新作の入荷等、お楽しみ情報をお届けしております。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

QR

ページトップへ