コラム

アロマランプディフューザー プリーツ ホワイト

アロマディフューザー

カーテン越しに感じる柔らかい光をイメージした、プリーツ型シェードが魅力のアロマディフューザーです。
暖かみのある灯りと、賞音波による繊細なミストが癒しの空間を演出します。


主な仕様


商品名
アロマランプディフューザー プリーツホワイト
セット内容
ディフューザー本体
ACアダプター
取扱説明書(保証書付)
サイズ
本体:約Φ80mm×H159mm
箱:W115mm×D115mm×H250mm
タイマーセット可能時間
1時間(連続運転)、3時間(断続運転)、8時間(断続運転)
アロマ噴霧方式
超音波振動方式(振動周波数:約 1.7 MHz)
水タンク容量
約90ml
使用電源
専用ACアダプター同梱
入力:AC100-240V 50/60Hz
出力:24V、0.6A
電源コード長:約200cm
定格消費電力:約15W
本体重量
約492g(ACアダプター含まず)
主な材質
本体カバー、水タンク、スイッチ、底部:PP
本体:ブナ材
グラスシェード:ガラス

*9つの特長*

●水のミストでエッセンシャルオイル本来の香りを楽しめます。

●水がなくなったら、自動的に電源が切れる安全設計です。

●長寿命のLEDライト内蔵。ルームランプとしてもお使いいただけます。

●二段階の明るさと、心安らぐ明滅機能でライトモードが充実。連続で1時間、間欠で3時間と8時間のタイマー付き。

●お好みでミストの運転モードを選べます。

●8時間運転なら、就寝時やオフィスでの長時間使用にも最適です。

●水道水で手軽に使え、お手入れも簡単です。

●シンプルな外観はどんなお部屋にもなじみます。

●片手で持ちやすい、人に優しいデザインです。

湯町窯 エッグベーカーの使い方

湯町窯エッグベーカー

湯町窯 エッグベーカーの使い方

ストーブでつくる目玉焼きちょっと贅沢に、うんと美味しい目玉焼き。

湯町窯オリジナルのスリップ模様と温かな色合い、ふっくらと愛らしいフォルムが印象的なエッグベーカー。誕生以来、長年にわたり多くの人に愛され続けている湯町窯のエッグベーカーは、直火やオーブンで調理して、受皿に載せてそのまま食卓に並べられる、お洒落で機能的なうつわです。

「この器でつくる目玉焼きは格別に美味しい。フライパンとはひと味違った味と食感が楽しめます。」と語る福間さん。「電子レンジでも調理できますが、やはり直火が一番。火加減によって微妙な味の違いがあるんです。いろいろな方法がありますが、その中でもストーブの熱を利用すると絶妙な半熟加減が出来るんですよ。」と実演してくださいました。 「たまごを割り入れる前に、器をお湯で温めておくのがポイント。このひと手間が、一段と美味しく仕上げる秘訣です。」 出来上がった目玉焼きはトロリと絶妙な半熟具合に仕上がって、この柔らかさと濃厚な味わいは、温泉卵ともひと味違う、これまで食べたことがない美味しさです。

エッグベーカーの使い方

  1. 1.ガスコンロに網(魚・餅やき用)をのせます。器をのせ、生たまごを割り入れます。(油をひかなくてもこげませんが、お好みで油、バターを入れます)
  2. 2.ふたをして弱火で約3~4分くらい焼きます。
  3. 3.器が温まって、たまごの白身が底からまわりへと白くなってきます。黄身がまだ変わらないうちに火を止めます。 (※ふたを開ける時は、熱くなっていますので、ヤケドにご注意ください。)
  4. 4.そのまま器を受け皿にのせ、食卓に出し、約4〜5分くらい蒸らしますと余熱でころあいの半熟卵ができあがります。

※こげつくとき…火が強すぎです。
※かたいとき…焼きすぎですので、早目に火を止めます。

その他ハムやベーコンを入れたり、グラタン、蒸し物、アイスクリーム(器を冷やしておく)等、種々工夫をすれば用途も広く楽しんでいただけると思います。

  • 陶器は吸水性がありますので、ご使用前に15分くらい水につけて下さい。
    (使い始めの一回のみ。)
  • 電子レンジを使用する場合は、必ずふたをしてお使い下さい。
  • 電子レンジの機種にもよりますが、小サイズの場合、500Wで約45秒で出来上がります。 (長時間の加熱はお避けください。たまごの具合を見ながら少しずつ調節して下さい。)
  • 使い終わった陶器はつけ置きせずにすぐ洗って、よく乾燥させて収納して下さい。

エッグベーカー:直火・オーブン・電子レンジ*・IH** 可
*電子レンジ・・・蓋をしてお使いください。
**IH・・・フライパンや鍋にのせてお使いください。
※食洗機のご使用はおすすめしておりません。



フォーククラフト(民芸)への思い

コラム 民芸

民芸
という言葉が生まれた背景にある日本民芸運動とは・・・

民藝運動は、1926(大正15)年に柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司らによって提唱された生活文化運動です。当時の工芸界は華美な装飾を施した観賞用の作品が主流でした。そんな中、柳たちは、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました。そして、各地の風土から生まれ、生活に根ざした民藝には、用に則した「健全な美」が宿っていると、新しい「美の見方」や「美の価値観」を提示したのです。工業化が進み、大量生産の製品が少しずつ生活に浸透してきた時代の流れも関係しています。失われて行く日本各地の「手仕事」の文化を案じ、近代化=西洋化といった安易な流れに警鐘を鳴らしました。物質的な豊かさだけでなく、より良い生活とは何かを民藝運動を通して追求したのです。

民藝品とは「一般の民衆が日々の生活に必要とする品」という意味で、いいかえれば「民衆の、民衆による、民衆のための工芸」と言えます。

オズフォーククラフトは、そうした全国の民芸品を集めています。

時代の流れの中で伝統を守りつつも現代の生活様式に合わせ進歩してきた民芸品は、古くて新しい生活者に寄り添った道具たちです。

大量生産からかけ離れ手仕事による道具たちのぬくもりを味わって頂ければ幸いです。


11000円以上お買上げで送料無料

贈りものや引出物などご相談ください

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時店休

※土日祝日は商品の発送・メールのお返事はお休みさせていただきます。

運営者情報

店舗写真

「ギフトギャラリーオズ」

日々の暮らしを豊かに彩る「ストーリーのあるギフト雑貨」を取り扱うショップです。山口県・福岡県にて展開中。実店舗の最新情報やお得な情報は公式ウェブサイトから → oz-ozawa.co.jp

ページトップへ