島根のうつわ 工房紹介

布志名焼 「湯町窯」

布志名焼 湯町窯

布志名焼 湯町窯 福間 士Shuji Fukuma

湯町窯 イメージ島根県玉湯町。日本の名湯玉造温泉のほど近く、穏やかな住宅地の一角に佇む湯町窯。入り口では風情あふれる大鉢と愛らしいシーサーに迎えられ、店内には「ぼてぼて茶碗」など、布志名焼の流れを汲む伝統的な器から、大皿をはじめ豊富なスタイルの皿・鉢類、コーヒーカップや湯呑、花器、ピッチャーなど、日々の暮らしの中で「手仕事の美しさ」を伝える日用食器が展示され、情緒豊かな時間が流れていました。

湯町窯 イメージ湯町窯は大正11年開窯。昭和初期には、先代の福間貴士氏が民芸運動に深い感銘を受け、新たに洋食器も手掛けるようになりました。現在は三代目 福間 士さん、ご子息の庸介さん、ご家族と共に、布志名焼の伝統に新しい時代の息吹を通わせています。その作品からは、福間さんのあたたかく飾らない人柄が感じられ、世代を超えて多くの人に愛されています。(※右の器は、湯町窯で永く愛され続けている「エッグベーカー」)

湯町窯 イメージ

うつわの特徴

湯町窯の特色は、地元産出の粘土・釉薬を使って生み出された素朴でシンプルな形と、黄釉・海鼠釉・藁釉・緑釉等の深くあざやかな色調。使い易く、生活に心地良く馴染む湯町窯の器は、かつてこの窯を訪れた河井寛次郎氏、浜田庄司氏、バーナード・リーチ氏に学んだ『物創りの心』と『陶技』が大切に受け継がれ、使い手の暮らしに豊かなうるおいを届けています。

湯町窯 イメージフォークロアな器たち

バーナード・リーチ氏直伝による、化粧土で描き出される『スリップウェア』の独特な模様や、「持ち易さ」と「美」を備えたカップ取っ手(ハンドル)の形状、そして、イギリスのガレナ釉に似た布志名焼伝統の『黄釉』による温かな作風は、そのポッテリとした北欧・英国陶器のような愛らしさが若い世代をも魅了し、民芸運動のなかで生まれた作品は、時を経て新たな魅力を生みだしています。

  • 湯町窯 イメージ
  • 湯町窯 イメージ
  • 湯町窯 イメージ
  • 湯町窯 イメージ
  • 湯町窯 イメージ
  • 湯町窯 イメージ

三代窯元 福間 士(1941年10月7日生)陶歴

1960年  湯町窯にて作陶を始める
1969年 島根県総合美術展工芸の部 銀賞受賞
1970年 島根県総合美術展工芸の部 銀賞受賞
1971年 島根県総合美術展工芸の部 銀賞受賞
1972年 島根県総合美術展工芸の部 金賞受賞
沖縄読谷村にて金城次郎氏に師事
1973年 日本陶芸展入選 以降13回入選
1975年 日本民芸館展入選 以降毎年入選
1976年 現代日本陶芸ニュージーランド オーストラリア巡回展出品
1979年 島根県総合美術工芸の部審査員になる
1982年 日本民芸館展 奨励賞受賞
1983年 国画会展入選 以降4回入選
1984年 全国伝統的工芸品展 会長賞受賞
1985年 田部美術館大賞「茶の湯の造形」展 奨励賞受賞
1986年 全国伝統的工芸品展 奨励賞受賞
山陽山陰路現代陶芸展 招待出品
1987年 田部美術館大賞「茶の湯の造形」展入選 以降16回入選
1989年 日本民芸館展 日本民芸協会賞受賞
1992年 郷土作家工芸展 優賞受賞
2004年 日本民芸館展 奨励賞受賞
2005年 日本陶芸展賞候補
2006年 松江市伝統技術功労賞受賞
2007年 日本陶芸展招待出品
2009年 日本陶芸展招待出品

日本陶芸展入選

1973年 / 1975年 / 1979年 / 1983年/ 1985年/ 1989年/ 1991年/ 1993年/ 1995年/ 1995年 / 1997年 / 1999年 / 2001年 / 2005年

田部美術館大賞入選

1985年 / 1987年 / 1988年 / 1990年 / 1991年 / 1992年 / 1996年 / 1997年 / 1998年 / 2002年 / 2003年 / 2004年 / 2005年 / 2006年 / 2007年 / 2008年 / 2009年 / 2010年(※2002年、2008年は2品入選)

アクセス

湯町窯  島根県松江市玉湯町湯町965

袖師焼 「袖師窯」

山陰松江袖師焼

袖師焼窯元

四代 尾野 晋也

明治10年の開窯から130年余の歴史を持つ袖師窯。現在は、四代窯元 尾野晋也氏が窯を引き継ぎ、地元の陶土・原料を使用して、強くて使い良く、簡素のなかにも潤いがある器造りを心掛け、ご家族と共に作陶されている。

うつわの特徴

出雲に伝承された陶法を基礎に、各地の陶法を会得し、「手造りで現代の暮らしに役立つ健康な陶器」造りを探求する袖師窯。
地釉・柿釉・ゴス釉・藁白釉・糖白釉・辰砂等、様々な釉薬を巧みに使い分け、掛分・抜蝋文・鉄絵・刷毛目・釘彫・櫛目など、多様な手法を用いて生みだされる「暮らしのうつわ」は、花器・茶器・酒器・和洋食卓用品など、日々の暮らしに穏やかに馴染み、世代を超えて愛されている。

暮らしに馴染む器を求めて
130年余の歴史を誇る袖師窯の作風は、変わりゆくライフスタイルにあわせて、時代とともに新たな表情を生み出していく。
「昔は、和室や和食中心の食卓に馴染むような深い色合いの器が主流でしたが、今では、明るい壁色の洋室と和洋様々な料理が並ぶ食卓に合わせて、以前より明るめの色合いや新しいスタイルの器も造っています。“器”は、日常の暮らしに役立ってこそ、美しさが発揮されるものだと思いますから」と、あたたかい笑顔で語る尾野晋也さん。
民芸運動に触れ、“用の美”を追求した三代尾野敏郎氏の思いと伝統を大切に受け継ぎ、新たな“用の美”が脈々と息づいている。

袖師窯の歴史

明治10年 
初代尾野友市氏が布志名や楽山の民窯で出雲の陶法を学び、良質の陶土がある松江市上乃木皇子坂に開窯
明治26年
二代尾野岩次郎氏が、その当時は舟運の便も良く、小泉八雲氏が美しい夕陽を称えた宍道湖岸の名勝の地 袖師浦に窯場を移し、五室の登窯を築く
昭和6年
三代尾野敏郎氏は、島根を視察された柳宗悦氏の“民芸運動”に馳せ参じ、次いで河井寛次郎氏(郷土出身)、浜田庄司氏、バーナード・リーチ氏など各師の指導をうけ、以来今日に至るまで民芸陶器の窯として陶法を継承する
昭和33年
ブリュッセル万国博において「掛分酒器」がグランプリ賞を受賞

  袖師焼窯元  島根県松江市袖師町3-21  LinkIcon作品を見る

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時店休

※土日祝日は商品の発送・メールのお返事はお休みさせていただきます。

運営者情報

店舗写真

「ギフトギャラリーオズ」

日々の暮らしを豊かに彩る「ストーリーのあるギフト雑貨」を取り扱うショップです。山口県・島根県・福岡県にて展開中。実店舗の最新情報やお得な情報は公式ウェブサイトから → oz-ozawa.co.jp

メルマガ登録

新作の入荷等、お楽しみ情報をお届けしております。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ