コラム

フォーククラフト(民芸)への思い

民芸という言葉が生まれた背景にある日本民芸運動とは・・・

民藝運動は、1926(大正15)年に柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司らによって提唱された生活文化運動です。当時の工芸界は華美な装飾を施した観賞用の作品が主流でした。そんな中、柳たちは、名も無き職人の手から生み出された日常の生活道具を「民藝(民衆的工芸)」と名付け、美術品に負けない美しさがあると唱え、美は生活の中にあると語りました。そして、各地の風土から生まれ、生活に根ざした民藝には、用に則した「健全な美」が宿っていると、新しい「美の見方」や「美の価値観」を提示したのです。工業化が進み、大量生産の製品が少しずつ生活に浸透してきた時代の流れも関係しています。失われて行く日本各地の「手仕事」の文化を案じ、近代化=西洋化といった安易な流れに警鐘を鳴らしました。物質的な豊かさだけでなく、より良い生活とは何かを民藝運動を通して追求したのです。

民藝品とは「一般の民衆が日々の生活に必要とする品」という意味で、いいかえれば「民衆の、民衆による、民衆のための工芸」と言えます。

オズフォーククラフトは、そうした全国の民芸品を集めています。

時代の流れの中で伝統を守りつつも現代の生活様式に合わせ進歩してきた民芸品は、古くて新しい生活者に寄り添った道具たちです。

大量生産からかけ離れ手仕事による道具たちのぬくもりを味わって頂ければ幸いです。


11000円以上お買上げで送料無料

贈りものや引出物などご相談ください

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時店休

※土日祝日は商品の発送・メールのお返事はお休みさせていただきます。

運営者情報

店舗写真

「ギフトギャラリーオズ」

日々の暮らしを豊かに彩る「ストーリーのあるギフト雑貨」を取り扱うショップです。山口県・福岡県にて展開中。実店舗の最新情報やお得な情報は公式ウェブサイトから → oz-ozawa.co.jp

メルマガ登録

新作の入荷等、お楽しみ情報をお届けしております。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ